• 友だち追加

【裏グルメ】家庭で焼肉を極める!やきまるで本格焼肉

さて、今回は横浜市中区の来々軒以来、ずっと放置していた裏グルメ情報をお伝えしていきたい。
そもそも『 裏グルメ 』ってなんだよ?という話だが、個人的に皆があまりやらないような料理や、やってるのかやってないのか分からないようなお店を取材していくような事である。
今回は自宅で本格的な焼肉ができるのか?というような内容である。
クラレポは地域情報がメインなのだが、まあ裏グルメに関しては番外編みたいな感じ。今のところ。

1.家庭で焼肉屋の味が出せない理由

まず焼肉を家庭でやるにあたって、あの焼肉屋の味が出せないのにはいくつかの理由があるらしい。

①肉に問題がある
②調理技術の問題
③味付けが悪い
④鉄板で焼くから

①~④までの問題以外にも、細かく調べていくと色々あるのだが、クラレポ的にピックアップしたのは主にこの4点だ。
というかそれ以上を求めると、普通に焼肉屋ができるレベルに達してくると思うのでキリが無いなと…。

まず①肉に問題があるに関しては触れていくが、これは『お金で解決?』と思うかもしれないが、そういう意味ではない。
もちろん糞みたいな肉だと問題外だが、高い肉を買ったからといって良いというわけではないらしい。
高かろうが、安かろうが問題なのはそのお店の安定性だそうだ。
例えば、精肉店の肉とスーパーの肉では、その品質基準のラインが異なるとのことだ。
悪口みたいになるので、あまり多くは言えないが、スーパーの肉はその会社の品質基準の中で販売しているので、毎回安定しているわけではないらしい。

精肉店の肉に関しては、オーナーのこだわりの基準で販売や卸を行っているので、安定した味が出せるとのこと。
要するに、『ここのお肉屋さん美味しいな!』という店は、オーナーがやる気なくなったり代替わりとかしなければ安定したうまさを出せるということ。

特に、ホルモンやタンやハラミなどの内臓関係がうまい店は、総じて他の肉もうまいとのこと。
なのでお気に入りの精肉店を見つけるのも、家焼肉の楽しみの一つになるのだ。

②調理技術の問題に関しては割愛する。
これキリないし、そこを言い始めるとこの記事の趣旨と変わってしまうので。

③味付けが悪い
に関してはあとでレシピを紹介していくが、要するに買ってきた肉をそのまま焼いて、エ〇ラ焼肉のタレみたいのにつけて食べる。
味が予想できるかと思う。
そう、この記事を書くきっかけになったあの味になってしまう。
なんか牛くさいというか…牛乳くさいというか…。

④鉄板で焼くからに関しては、ここが今回の記事の一番のポイントにしている部分である。
鉄板はどうしても焼いた際に出る油を逃がすことができないので、焼くというよりかは炒め物や油煮のようになってしまう。
これではせっかく美味しい肉を買っても、あの焼肉屋の味はどうしても出ないのだ。

2.家庭用焼肉ロースター『やきまる』

イワタニさんのやきまる

じゃあ、何で焼けばいいんだよ!?って話になるが、一番のおすすめはカセットコンロで有名なイワタニさんの『 やきまる 』がおすすめ!
やきまるはロースターの中でも非常に安価で手に入るうえ、火力や性能も平均的で個人的にはおすすめだ。
やきまるの売り文句として、煙が出にくいとあるが、この煙が出にくい理由は遠火なのと水を敷くので油の煙が出にくいということだ。

この記事を読んでくれている方なら分かると思うが、遠火って怖くない…?
焼肉が好きな人なら、あの『ジュー 』って音も好きなはず…。
その音が出ず、煙が出ないことに注力して、静か~にじんわ~りと焼けるのでは…?などと心配してしまう。
家で焼肉やりたいのだから、ある程度の煙なんか気にしない!それより強火でジュージューやりたいっ!

心配ご無用!ジュージューいくし、煙もそこそこ出ます!
恐らく分かってくれる人少ないかもしれませんが、音で聴覚を刺激し、煙で嗅覚を刺激しながら食べるのが焼肉ですよね。
女性には嫌がられそうですが。。。

あ、ちなみに価格は4,300円前後です!
これさえ手に入れてしまえば、家で焼肉屋の味を出すのは容易い!
あとは下味をつければいいだけだからね。
しかも、結構簡単なので普段料理しない人でも大丈夫。
分量測って混ぜて終わりなので。

3.家庭でも本格的な焼肉の味になるレシピ

ここでは、焼肉屋っぽい味になるレシピを紹介していきたいと思う。
まずは焼肉の定番カルビから。

カルビのレシピ

【共通】
まず最初に、ゆっくりで良いので長ネギの青い部分と白い部分を分けて切っておこう!これは全てにおいて使うので。
青い部分は小口切り。
白い部分はみじん切り。

【カルビレシピ】
①ボウルにカルビ肉(普通くらいの値段)を入れる。

②そこに先ほどイジッタが、エ〇ラジャ〇など市販の焼肉のタレを適当に入れる。

③ニンニクを好きなだけ入れる。安い肉なら多めに入れるとなんでもうまくなるよ!

④胡椒と一味を好きなだけ入れる。耐えられる辛さで!

⑤ねぎの青い部分を一つまみ入れる。10gくらい?(上の写真か動画見て…)

⑥混ぜ込むというか揉むというか。

⑦1時間~2時間くらい冷蔵庫で放置して完成!

ホルモンレシピ

【ホルモン100gレシピ】
①ボウルにホルモン(味付けされていない)を入れる。
ホルモンに関しては精肉店で買うのをおすすめしたい。

②そこに以下の調味料を入れる。
味噌(ダシとか入ってないやつ)…大さじ×1
…小さじ×2
みりん…小さじ×1
さとう…小さじ×1
にんにく…ニンニクを好きなだけ入れる。安い肉なら多めに入れるとなんでもうまくなるよ!
一味唐辛子…耐えられるだけ入れる。普通は小さじ×1とか?

③ねぎの青い部分を一つまみ入れる。10gくらい?

④混ぜ込むというか揉むというか。

⑤1時間~2時間くらい冷蔵庫で放置して完成!

タン塩レシピ

【タン塩100g(塩もの全般)レシピ】
①ボウルにタン塩を入れます。

②ごま油を小さじ…×2入れます。

③ニンニクを小さじ…×1入れます。

④ねぎの青い部分を一つまみ入れます。

⑤塩適量、胡椒多めに振ります。このとき胡椒が少ないと肉の臭みが強く感じてしまうため、気持ち多めに入れましょう。

⑥混ぜ込んで1時間から2時間くらい冷蔵庫に放置して完成!

ねぎ塩レシピ

【ねぎ塩タレ(付け合わせ)レシピ】
タン塩など塩ものの肉との相性抜群!

①余ったねぎの白い部分を耐熱容器に入れます。

②ねぎの量にもよるけど、創味シャンタンを小さじ半分かそれより少し多めに入れます。

③レモンを一絞り!

④胡椒を多めに振ります。まあ適当に好きなだけ入れてもらえれば…。

⑤ニンニクを小さじ半分かそれより少し多めに入れます。

⑥ラップしてレンジでチン。これ結構重要なのですが、レンジでチンする理由が創味シャンタンを混ぜやすくするためです。冷たいと固いので。
なので、500w~600wで5秒~10秒くらいで大丈夫です。

⑦かき混ぜて完成!

【醤油味つけタレ レシピ 】
①フライパンに 以下の調味料を入れます。
にんにく・しょうがすりおろし… 小さじ×1
しょうゆ … 60ml(または大さじ4)
みりん … 40ml(または大さじ3強)
砂糖…大さじ×1
…大さじ×1
豆板醤… 小さじ×1
コチジャン… 小さじ×1
はちみつ… 小さじ×1
いりごま … 適量
ごま油 … 小さじ×1か2

②弱火でかき混ぜながら沸騰する直前で火を止めます。火をかけすぎると煮詰まってしょっぱいよ!

③冷まして完成

【強者は聞いてほしい!】
ちなみに、みりんのかわりに100%のリンゴジュースっていう手もあるよ!
でもその場合は、砂糖の量を調整しないと甘くなりすぎるかも!

4.やきまる動画紹介

ということで、分量を量って混ぜて放置するだけで、簡単に焼肉屋の味に近づけることができる。
味は記事ではお伝え出来ないため、ぜひ試して味わってほしいものだ。
またレシピはあくまで個人の好き嫌いがあるので、適当に皆さんで調整してもらえればと思う。
ダルイのはネギを切る部分と、待たなきゃいけないというだけで、ザ男の料理という感じだ。
これから行楽のシーズンでもあるし、バーベキューなどで是非みなさん試していただきたいものです。

  • 友だち追加