• 友だち追加

【地域情報】大阪西成区の治外法権ぶりを見てきた

大阪の西成区といえば、あいりん地区とも呼ばれ、言わずと知れた日本唯一のスラム街として名高い。関西出身の人が、「西成は大阪のバチカンや」と言わしめるほどの独特の文化を持った区(国?)だ。
今回クラップレポートは関西人でも激ヤバと恐れて近づかない、大阪府の西成区へと潜入取材に行ってきた。

1.西成区のヤバさについて

日本三大ドヤ街といわれている中でも群を抜いてヤバい西成だが、何がそんなにヤバいの?とお思いだろう。
日本三大ドヤ街と言えば、以前クラレポでも取材した、神奈川県横浜市の「寿町」、東京都の「山谷」、大阪の「西成」だ。
西成はその中でも、殺人事件や暴動、ある筋の団体の事務所などが多数点在しており、薬物なども蔓延しているというような噂も聞く。
まとめサイトなどを見ていただくと、西成区が本当に危険な場所だということが分かるだろう。

引用
大阪市西成区で起きた殺人事件

さて、こんなにも危険な西成区だが実際はどんな場所なのか?住民はどんな感じなのか?この潤った日本で、なぜここまで取り残されてしまったのかを肌で実感したく、今回我々クラレポは取材に乗り出したのだ。

西成区の住民は基本お酒の入った陽気なおっちゃんたち

西成区の最寄駅は2駅ある。
JR西日本新今宮駅か、大阪市営地下鉄の動物園前駅である。
今回は新今宮駅で降り立ち、現場の西成区へ向かった。

実は、西成区には個人的に一度行った事があるのだが、片手に酎ハイというのが西成スタイルだ。実に8割近くの西成住民が、酎ハイ片手に歩いている。
まずは装備を整える為に、駅から一番近いファミリーマートへ直行。
酎ハイを左手に装備してこれでよし。

装備完了

ただ飲みたいだけだろ?とお思いかもしれないが、意外とこの酎ハイ片手にというのが重要なのだ。
今から、西成区で写真を撮ったり、おっちゃんたちに声をかけるにあたって、この装備は意外とオッチャン達の心を開くのだ。
逆に、まじめに取材感バリバリで行くと反感を買う可能性もあるので、別にふざけているわけではなく、西成ではこの装備が最強だ。あと、自分の中の恐怖心も若干やわらぐ。
しかし、装備を整えるために入ったファミリーマートがすでに独特。
おっちゃん酒飲んでるけど、普通コンビニのイートインスペースって、飲酒禁止だよね?
ここのファミリーマートはまったく注意しないらしい。二本目いっちゃってるし。

何か話しています

まだ西成区の玄関にも入ってない状況でこのありさまなので、ものすごいクオリティーの高さを感じる。
そのまま中心部に進んでいくと、さすが西成区といった光景が広がる。
ここらでようやく玄関口なのだが、自転車の違法駐輪具合がヤバい。
奥に見える新興モータープールの看板は調べたが謎。あまり情報が出てこない。

おびただしい数の違法駐輪

違法駐輪が凄まじいので、駐輪場が無いかと思えばちゃんとあります。
しかし、駐輪場内はかなり異様な雰囲気がただよい、一見さんお断り感がすごい。
正直、なかで撮影している最中も殺されるんじゃないかとドキドキした。
写真では伝わらないのだが、人はいるのに異様に静かなのもここの怖さの特徴だ。
野生の動物が気配を消して、こちらを見ているような独特な感じなのだ。

一見さんお断り感のある駐輪場
タスポいらず故障中のたばこ自販機
駐輪場利用規約

駐輪場を抜けると、西成区の中心部に出る。
さっそく第一村人を発見!あーあ、出来上がっちゃってるよ…。このおっちゃんたちは大分仲良しで、ずっとお互いに褒めあっているのだ。

どうぞお幸せに

せっかくなので、話を聞かせてもらおうと「こんにちは!取材しているんですけど、お父さんたち、お話聞かせてよ!」といったら、「それなりのもん持ってきたらええで」と。
「お金?」って聞いたら「たばこや!ガッハハハ」て笑っていた。
「え?何が面白いの?」
ってなったが、話がこれ以上出来なさそうなので(ロレツ回ってない)あきらめる事にした。
このように、怖そうなんだが、話しかけてみると酔ってるだけの案外気のいいおっちゃんだったりする。

2.西成区中心部を練り歩く

ここからが西成区本番という感じだが、今回は以前に来た時よりも人が少ないように感じる。
高齢化社会の波が西成区にも訪れているのだろうか。
西成区にはちょいちょい個人経営の飲み屋さんみたいなのがあるが、ネーミングセンスが秀逸すぎて笑えなかったりもする。

だから笑えないって

無法地帯と化している西成区にも、大きな警察署がある。
警察署というのは基本的には出動しやすいように、玄関口は見通し良く作られているものだが、ここ西成区は少し違うのだ。
何かと、警察VS住民との暴動が起きる為、警察署自体が高い鉄格子に覆われている。
警察も防御網を張っているのだ。

めずらしいパターンの警察署

そして、この警察署の付近には、西成区で最も有名な三角公園がある。
要するに、このあたりの住民が寝床にしている場所だ。
お金があるときはドヤ(格安の宿)に寝れるのだが、この不景気でいつでも仕事があるとは限らない。
要するに、大半以上の住民がホームレス生活を送っているのだ。
ホームレスの住民はこぞって三角公園にあつまり、テントを立てて生活している。
一つの集落のようになっているのだ。

三角公園

そして、西成区は大阪のバチカンと揶揄している人がいると書いたが、西成区には奇しくもキリスト教会がある。
ペンテコステ派の草分けらしいが、自分は無宗教なので説明は控えておく。
しかし、この西成でどんな人たちが、どんな思いで祈りをささげているのか。
中に入って見学させていただきました。

教会内部

基本的にはみんなで賛美歌を歌っていました。
貴重な体験をしました。

さて、アンダーグラウンドな一面の多い西成区ですが、実は楽しい一面もある。
むしろ、今回はそれ目的で西成区に来たといっても過言ではない。

3.西成区唯一のグルメスポット「やまき」

西成区の萩之茶屋付近に、結構な人だかりができている。
西成区でも、人だかりができているのは、恐らくここだけじゃないかな?という感じだ。
それもそのはずで西成の超B級グルメ、ホルモンやまきが店を構えているのだ!

普通こういったB級グルメというのは、観光客で溢れかえっているものだがやまきは違う。
ほとんど地元の人が食べに来ているのだ。
なぜなら西成区という特別な治安の中で、串1本70円という破格の安さで販売しているのだ。
そりゃ、地元の人であふれかえるわけだ。

ちなみにメニューは、

・ホルモン 70円
・キモ 70円
・脂(裏メニュー) 70円

・ビール1缶 280円
・酒 260円
・チューハイ 250円

上の写真を見ていただくとわかると思うが、トレイの中に入ってる茶色い液体はタレである。
チューハイ頼んで、勝手に串をヒョイと取る。
トレイのタレにホルモンをつけてパクリ。という流れだ。
当然、タレの二度づけは厳禁。
串を最後おじさんに渡して、串の数と缶の数でお会計をするシステムなのだ。
タレのビジュアルには若干引くが、このタレが異常にうまい!
にんにくが効いていて甘辛い醤油味。唐辛子が結構効いていてピリ辛なので酒が進む!進む!
ホルモン特有の臭みは全くなく、本当にうまい!

やまきのホルモン70円

食べログでは3.59と高評価を得ている!
「ほんとかよ?」とか思っていたが、本当にうまい。
ただ、ビジュアルがアレなので勇気がある人はどうぞ。
あと客層がわりと強面なので、女性一人は厳しいかもしれない。

何かと重い空気がただよう西成区だが、このやまきだけは笑い声や、楽しそうな話し声が飛び交っている。
本当に来てよかった。
しつこいようだが、勇気を出して一歩前に踏み出して食べる価値のあるホルモンだ。

4.まとめ

色々と問題を抱えた町だが、個人的にはかなり好きな街だ。
ちょうど取材に行く前に、包丁だかナイフだか持ったおっさんが現れたとかなんとか、ニュースに出ていてビビったが、結果取材に行って大満足だ。
戦後の昭和が色濃く残っているし、中には気の良い人もいる。
人それぞれ意見は違うと思うが、基本には良い街だと思うし定期的に行きたいスポットだ。

  • 友だち追加